トップ > ドーム概要

ドーム概要

敷地面積 104,447㎡ (31,596坪)
建築面積 48,169㎡ (14,571坪)
延床面積 119,445㎡ (36,132坪)
階数 地上6階 (一部中2階)
高さ 地上66.9m  (天井高64.3m)
直径 183.6m (屋根ラチス部分)
アリーナ容積 1,700,000㎥(フィールド+スタンド)
フィールド面積 13,200m2 (※2015年までは13,400m2
寸法 両翼(野球時) 100m
中堅(野球時) 122m
外野フェンス高 4.8m
客席数 36,700席 (2017年野球時 ※2016年は38,200席)
収容人数 49,800人(アリーナ使用時最大)
オープン 1997年(平成9年)3月12日

自然屋根の採光

自然の光を取り込めるように、屋根中央部が二重ガラスになっています。スカイロールを閉じて暗転することもできます。

スカイロール

コンピューター制御により、全開・全閉だけでなく、さまざまな開閉パターンを演出することができます。

音響

天井部分にフィールド用のメインクラスター(スピーカー)1基を、客席用のサテライトクラスター(スピーカー)18基を配置してあります。

※スピーカーの詳細や大きな写真はこちらをご覧ください。

照明

高演色メタルハライドランプを1178灯配 置。内訳はフィールドを照らす1058灯、空間を照らす48灯、観客席を照らす24灯、停電時の補助照明が48灯です。

プロ野球開催時には780灯点灯 し、バッテリー間2500ルクス、内野2000ルクス、外野1650ルクスの明るさになります。

※詳しくはこちらをご覧ください。

106ビジョン(いちまるろくビジョン)

 106vision_5f.jpg

センター側の大型ビジョンを2017年に増設し、3面合計の全長(横)が106.56mの「106ビジョン」に生まれ変わりました。
既設のビジョンは縦10.08m×横35.52m、そのサイドのライト側、レフト側のビジョンは縦9.92m×横35.52mとなっています。

ホーム側のサブビジョンは縦4.16m、横14.72m。
いずれもハイビジョン映像を鮮やかに映し出します。

※詳しくはこちらをご覧ください。

昇降式ピッチャーズマウンド

野球以外ではピッチャーズマウンドを地下に格納し、平面を保つように「昇降式ピッチャーズマウンド」が導入されています。

 

人工芝

より天然芝に近い性能を備えた最新の人工芝です。 コンサートや展示会など人工芝の必要ないイベント時には、人工芝専用の巻敷機で巻き取ります。

※大きな写真やファウルラインなどについてはこちらをご覧ください。

耐震設計

「新耐震設計法」(1981年施行)に基づき、建物が破損しても破壊による人命の損傷がないように、近年、東海地区で発生が想定されている地震規模の1.5倍以上にも耐えられる設計となっています。