トップ > ドーム雑学博士 > ドーム雑学博士(3)

ナゴヤドーム雑学博士-知っていれば得をするかも- Dr.Dome

«前へ 123456789 次へ»

1周700メートルのてくてくコース

ドームてくてくコース(1) ドームてくてくコース(2)
2002年3月1日、2Fオープンデッキの柱に、距離表示板を貼り付けました。表示板には、1周の距離だけでなく、「豊橋まで93周」「岐阜まで43周」「津まで93周」など、東海地区の主な都市を明示してあります。  ドームでは、1周700mあるこのコースを「ドームてくてくコース」と命名しました。みなさんにジョギング、ウォーキングを楽しんでいただければと思っています。ちなみに同コースには、幅約5mの軒下があるため、雨が降っても濡れる心配がありません。

オストメイト

オストメイトとは、がんの治療のため、人工肛門・人工ぼうこうなどの排泄口を腹部につくった方のことで、外出先での排泄に困っている方が多くいます。

当社では、そのような方に、より快適にイベントを楽しんでいただこうと、オストメイト対応機器を増設しました。

増設場所は、1階外野・2階3塁側コンコース・4階プライム1にある身障者用トイレで、既設の1階北側外部身障者用トイレを合わせると、4ヶ所になります。

かつて使われた、ナゴヤドームの可動席

野球もサッカーもOK!

野球場は扇形、サッカー・アメフトなどの競技場は長方形 というのが一般的。そこでナゴヤドームでは、扇形の野球場を長方形に替える「可動席システム」が使用されていました。フィールドには、左右に三日月形をした客席(約3,300席×2)とバックネット裏客席(約800席)を設けており、この部分を最大120度まで回転させて、野球型(扇形)からサッカー・アメフト型(縦型長方形)や展示会型(横型長方形)の3つのスタイルに変えることができました。 
真円のグラウンド面には3本のレールが同心円状に配置され、この上を鋼製車輪を持つ可動客席が動いて所定の位置でロックされます。 サッカーやアメフトで使用する場合でも、貴賓席や報道席が会場の正面になるよう移動するのがナゴヤドームの可動席システムの特徴です。

ひと休みできるレストスペース

広々としたオープンデッキ。その一角に、ひと休みできるレストスペースがあります。
待ち合わせに休憩に、レストスペースをご利用ください!
ちなみに夏場には、緑のカーテンが登場します!

ドーム夏の風物詩、緑のカーテン

夏になると、レストスペース付近にはノアサガオ、7・8ゲート付近にはノアサガオとゴーヤからなる緑のカーテンを設置します。

ノアサガオは昼頃まで開花し、秋まで花を楽しめる品種。

浴衣が映えるので記念撮影にもおすすめです。

アサガオの花 ゴーヤの花

通路番号の色

ドームの通路の上にある番号の看板が、場所によって違う色をしていることを知っていましたか?
コンコースの地図を見ると、エリアごとに色分けされているのがわかります。たどっていくとゲートの色にも......?! どこが何色なのか、ぜひご自分の目で確かめてみてください!
ちなみに、レプリカの"ノード"の中も、この色に塗り分けられています。

 

«前へ 123456789 次へ»